• 研修のご案内
  • 申込要領
  • 講習会申込
  • F&Q
  • メールマガジン

申込要領

申込に関する注意事項

申込者欄
  • 講習会の申込に関する連絡先となり、受講票、請求書等の送付先となります。
  • 受講票は、e-mailにて送付しますので、可能な限りご記入ください。
  • 「0(ゼロ)」と「 o(オー)」、「2(数字)」と「z(ゼット)」や「1(数字)」と「l(エル)」等間際らしい文字は特に明確にご記入ください。
  • 請求書の送付も申込人様に行います。
参加者氏名欄

参加者が申込書に記入しきれない場合は、別紙に必要な参加者情報を記入の上送付ください。

FAXとインターネット

申込はFAXもしくはインターネットのいずれか1回としてください。
FAXやインターネットを併用して申込をされますと重複してエントリーすることになりますのでご注意ください。

会員専用(後納)

1.会員区分

正会員
(準会員を含む)
下水道協会の会員である、地方自治体
下水道協会の会員である、国または地方公共団体の出資等を受け下水道に関する業務を行う法人(公団・公社等)
賛助会員 下水道協会の会員である 一般企業
特別会員 下水道協会の会員である 個人

2.請求書の発行に関する要望

  • 請求時には、「請求書」「納品書」「振込依頼書」を発行いたします。見積書の必要な方は、「請求書その他」欄に「見積書希望」と明記してください。
  • 請求書には日付が印字されますので、空欄を希望される方は、「請求書その他」欄に「日付空欄希望」と明記してください。
  • 請求書宛名
    「請求書宛名」は、請求書の送付先(住所や担当者名)ではありません。
    例) 「○○市長」 「△△(株)◇◇支店」
  • 請求書
    一括請求(内訳なし)→
    請求書の内容が参加費と教材費の場合、一枚の請求書に「○○講習会参加費」と印字いたします。 一括請求(明細あり)→
    請求書の内容が参加費と教材費の場合、一枚の請求書に「○○講習会参加費△△円、教材費◇◇円」と印字いたします。 分割請求→
    参加費と教材費を分けて2枚の請求書を発行いたします。
  • 合算請求欄は、参加者が複数名の場合のみご記入ください。
  • 請求書その他
    請求書の発行について、要望のある方はご記入ください。

非会員専用(前納)

1. 振込内容

仕向銀行 振込した銀行名
仕向支店名 振込された支店名
振込日 振込された期日
振込人名 振込人様の名前をカタカナで記入
振込金額 振込額(振込金額はお客様負担でお願いします。)
内訳 振込金額を明記してください。 (例:参加費2名分 他)

お問い合わせ

公益社団法人 日本下水道協会 技術研究部 研修課
〒101-0047 東京都千代田区内神田2丁目10番12号 内神田すいすいビル6階
TEL 03-6206-0284(直) FAX 03-6206-0796(直)
seminar@gesuikyou.jp

COPYRIGHT(C)2016 JAPAN SEWAGE WORKS ASSOCIATION